メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

韓国は嫌いですか(4)

 夏目漱石の小説「行人」は気難しい学者の兄が弟と自分の妻の仲を疑う筋立てだ。一緒に山に登った際、兄は弟に「君の心と僕の心とはいったいどこまで通じて」いるのかと尋ね、弟は「人から人へ掛け渡す橋はない」とドイツ語のことわざで応じる。

 禅問答のようなやり取りだが、弟の言葉を踏まえて小倉紀蔵・京都大大学院教授は言う。朝鮮にはこれほど「絶望的な、絶対的な他者との断絶という思想と同じレベルまで『個人』を深めた思想家」はいなかったように思える、と(「朝鮮思想全史」)。

 そして続ける。朝鮮人・韓国人が「個人」という問題を「徹底的な深み」まで降りて思考できず、「民族や国…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文956文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 感謝状 女性の自殺防ぐ 秩父署、2男性に /埼玉
  4. セサミストリート ビッグバード着ぐるみの役者が引退
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです