メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

規制のサンドボックス

法制化へ いでよ革新技術 実証試験、手続き簡単に

 政府は2018年度、革新的な技術やサービスの実証試験の規制を緩和する2種類の「規制のサンドボックス」制度を創設する。自動走行など新技術の実証試験に関する規制緩和メニューを国が事前に用意する「地域限定型」と、企業が提案した実証試験の規制を期間限定で緩和する「プロジェクト型」だ。いずれも現行の規制緩和制度よりも事前手続きを簡素化するため、自由度の高い実証試験が可能になる。【中井正裕】

 政府が昨年閣議決定した成長戦略「生産性革命」の目玉で、今国会に関連法案を提出し、18年度中の実施を…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです