メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

下落局面 忘れていいのか=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 金融市場は何度でも同じことを繰り返す。資産の運用は必ずリスクがある。リスクをコントロールする高度な手法が生まれても、リスクなしに利益を生む資産運用はない。

 2年間も平和で上昇局面が続いた米国株の急落を受けて、6日の日本市場も日経平均株価が1000円を超す暴落となった。歴史的な低金利にも支えられ、世界経済も回復基調にあり、2017年10~12月期は約80%の米企業の業績がアナリストの予想を上回った。日本企業の業績も極めて堅調である。株価ばかりでなく、ほとんどのリスク資産が高水準という状況における急激な暴落である。

 このところ高値更新を続ける米国株式市場に対しては、当初危ぶむ見方も強かったが、いつの間にか慣れてし…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文715文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです