メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/187 第5章 33=高村薫 多田和博・挿画監修

 新婚生活は実家ではなく新居で始める。初めにそう決めたとおり、若い二人は九月に入って三鷹市の下連雀に広さ五十平米、築二十年の賃貸マンションを借り、それぞれ引っ越しの準備を始めたところだ。新居は物入れの容量が限られていることもあり、小野はこれを機に私物の大量処分を決めたが、処分どころか押し入れから出した古雑誌や古着やガンプラ、ゲームソフト、フィギュアなどが部屋を埋め尽くしたまま日にちだけが過ぎてゆく。新婦に見つかったら困る<元カノ>の写真やプレゼントなどがあるわけではない。エロAVもない。学校時代のテスト用紙や成績表などは真っ先に処分した。作文や文集も。それでも、引っ張りだした古い体操着やバスケットシューズなどをつい手に取ったり、古雑誌を繰ったりして時間を浪費しては時間切れになるだけでなく、いざ捨てるとなるとなかなか決心がつかずにまた時間を食う。そんな自分の優…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  4. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです