メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾地震

7人不明 迫る72時間、懸命の捜索 日本の専門家も参加

地震で大きく傾いた雲門翠堤ビル。捜索活動が続けられている=台湾・花蓮市で2018年2月7日午後7時40分、林哲平撮影

 【花蓮(台湾東部)林哲平】台湾東部・花蓮県で6日深夜に発生した地震で、台湾の専門家からは、被害を受けた建物は近くに活断層が走っており、構造上も、下層階に壁が少なく地震に弱かったことを指摘する声が上がっている。また相次ぐ余震で捜索が難航する中、日本政府が派遣した捜索隊が8日午後、被害が最も大きい花蓮市内の「雲門翠堤」ビルに到着し、捜索活動に加わった。

 当局によると、地震では10人が死亡、272人が負傷した。行方が分からなかった住民らは所在が次々に確…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文663文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  3. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです