大相撲

全力士ら聞き取りへ 再発防止委、暴力の実態把握

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大相撲の元横綱・日馬富士の傷害事件を受け、日本相撲協会が設けた再発防止検討委員会の初会合が8日、東京・両国国技館で行われた。但木敬一委員長(元検事総長)が暴力行為の実態把握のため、力士や行司ら約900人の全協会員に対して聞き取り調査を実施すると明らかにした。10月をめどに再発防止策などの最終報告をまと…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

あわせて読みたい

ニュース特集