制服

銀座の公立小、アルマーニがデザイン監修 計8万円、保護者が批判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
泰明小学校で導入予定のアルマーニの標準服=同小提供
泰明小学校で導入予定のアルマーニの標準服=同小提供

 東京・銀座にある中央区立泰明小学校(334人)が、4月に入学する新1年生の60人から、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」がデザインを監修した「標準服」に変更する方針を示し、保護者から疑問や批判の声が上がっている。

 区教育委員会によると、標準服は上着やシャツ、ズボンなどをそろえると計約4万5000円と現在の2・5倍になり、セーターなどを加えると8万円を超す。区教委は8日に記者会見し「着用は強制ではなく、校長には改めて保護者にしっかり説明するよう指導したい」と述べた。

 同小は1878(明治11)年創立で、島崎藤村らの出身校。周囲はオフィスや百貨店が多く、学区外からも児童が通える「特認校」に指定されている。標準服は、ほぼ全児童が着用する。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文713文字)

あわせて読みたい

注目の特集