連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

婦人保護事業、現場求める「新たな法整備」 時代に合った女性支援を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西地方にある婦人保護施設の「保育室」で、玩具の手入れをする職員。DVなどで一時保護される女性の子どもを保育する場だが、「子どもの心をケアするのに十分な人員は足りていない」という=反橋希美撮影
関西地方にある婦人保護施設の「保育室」で、玩具の手入れをする職員。DVなどで一時保護される女性の子どもを保育する場だが、「子どもの心をケアするのに十分な人員は足りていない」という=反橋希美撮影

 DV(ドメスティックバイオレンス)、性虐待などの暴力被害や貧困、障害--。生きづらさを抱える女性を支える「婦人保護事業」について、支援現場から「現行制度ではニーズに対応しきれない」と新たな法整備を求める声が高まっている。事業は1956年に制定された売春防止法を根拠とするが、60年以上経てもほとんど骨格は見直されていない。課題を探った。【反橋希美】

この記事は有料記事です。

残り2311文字(全文2486文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集