メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

痴漢抑止バッジ

駅売店、雑貨店でも販売 痴漢は犯罪です me too

痴漢抑止バッジ=大阪市内で、反橋希美撮影

 「痴漢は犯罪です」「私たちは泣き寝入りしません」--。こんなメッセージとポップなデザインで、被害から身を守る「痴漢抑止バッジ」が製品化され、今春で3年目を迎える。当初はインターネットのみの販売だったが、私鉄の駅売店、若者向けの雑貨店と流通経路が広がりつつある。

 バッジの考案者は、電車内の痴漢被害に苦しんでいた東京都内の女子高生(当時)だ。「痴漢は犯罪です」という文言と痴漢が警察に捕まるイラスト入りのカードをカバンに付け、肩から下げて後ろから見えるようにすると被害がやんだ。このアイデアを基に、バッジをつくろうと女子高生の母親の友人でライターの松永弥生さん(52)=大阪市=が「Stop痴漢バッジプロジェクト」としてデザインを公募。2016年1月に一般社団法人「痴漢抑止活動センター」(大阪市中央区)を設立し、3月からネット販売を始めた。

 「痴漢されることがなくなった」「周りに女性が立ってくれるようになった」。缶バッジを利用した高校生らの声だ。センターは反響をネットで紹介するとともに「性犯罪に対する問題意識を育てたい」と、学生を対象にバッジのデザインコンテストを1年ごとに開催。昨夏のコンテストには1338点の応募があり、入賞したデザイン5種を今月、発売した。これらを含め、現在計16種を製作している。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです