メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士五湖

ワカサギ釣り船出航できず 寒さで湖面結氷

氷に囲まれ出航できなくなったワカサギ釣りの乗合船「ドーム船」=2018年2月8日、山梨県山中湖村平野で

 連日の寒さで、富士五湖の山中湖と精進湖の湖面に氷が張り、ワカサギの釣り船が沖合に出られない状態が出ている。山中湖では8日も乗合船が氷に阻まれ、出航を断念した。シーズンに入り、繁盛期を迎えているだけに、業者らは氷雪が緩むのを待ちわびている。【小田切敏雄】

 甲府地方気象台によると、標高約1000メートルに位置する山中湖の最低気温は7日が氷点下18.3度。8日朝も平年より7.6度低い同16.7度を観測した。4日以降、最低気温が同10度台となっている。

 山梨県山中湖はクジラの形をしていると言われるが、しっぽ部分に当たる同村平野の「みさき」地区では8日…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文675文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです