メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉県教委

成績管理に静脈認証 教員反発、登録拒む例も

 千葉県教委が昨年11月、高校など県立学校を対象に、生徒の成績の入力・管理などのため教員に手のひらの静脈を事前に登録させ、静脈認証で県教委のサーバーにアクセスするシステムを導入した。これに対し、現場から「個人情報の静脈の利用は納得できない」と反発の声が出ており、登録を拒む教員もいる。【井上英介】

 県教委によると、新システムでは生徒の成績を県教委のサーバーで一元管理する。これに合わせてサーバーにアクセスして入力・管理を行う校務用パソコンを教員一人一人に計約1万台配った。アクセスの際には自身のIDとパスワードの入力に加え、手のひらの静脈をパソコン内蔵センサーで読み取らせる。

 静脈認証について県教委教育総務課は「ID、パスワードと組み合わせて情報セキュリティーを高めるのが狙…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです