メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉県教委

成績管理に静脈認証 教員反発、登録拒む例も

 千葉県教委が昨年11月、高校など県立学校を対象に、生徒の成績の入力・管理などのため教員に手のひらの静脈を事前に登録させ、静脈認証で県教委のサーバーにアクセスするシステムを導入した。これに対し、現場から「個人情報の静脈の利用は納得できない」と反発の声が出ており、登録を拒む教員もいる。【井上英介】

 県教委によると、新システムでは生徒の成績を県教委のサーバーで一元管理する。これに合わせてサーバーにアクセスして入力・管理を行う校務用パソコンを教員一人一人に計約1万台配った。アクセスの際には自身のIDとパスワードの入力に加え、手のひらの静脈をパソコン内蔵センサーで読み取らせる。

 静脈認証について県教委教育総務課は「ID、パスワードと組み合わせて情報セキュリティーを高めるのが狙…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです