メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

両備グループ

岡山県内の路線バス31路線廃止届

記者会見をする両備グループの小嶋光信代表=岡山市北区錦町で2018年2月8日、益川量平撮影

 両備グループは8日、岡山県内で運行している路線バスのうち31路線の廃止届を国土交通省中国運輸局に提出したと発表した。いずれも乗客が少ない赤字路線。廃止届の背景には、路線バス全体の収支を支えている別の黒字路線に格安業者参入の動きがあり、これをけん制する狙いがある。新規参入が取りやめになれば、廃止届も取り下げる方針だ。【益川量平、林田奈々】

 両備グループによると、廃止届を出したのは両備バスの全36路線中18路線、岡電バスの全42路線中13…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1027文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]