メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川県教委

「部活動指導員」を配置 教員の負担軽減へ

教育現場での「働き方改革」が求められている香川県教委=高松市で=岩崎邦宏撮影

 教員の長時間労働の一因とされる部活動の負担を軽減しようと、香川県教委は来年度から「部活動指導員」を一部の県立高校に配置する方針を固めた。外部人材から登用し、部活動の指導や大会の引率を主に担う。県教委の調査では部活動を重荷と捉える教員も少なくなく、働き方改革につなげる狙いがある。【岩崎邦宏】

 部活動指導員は今年度に制度化され、学校教育法に基づく学校職員と位置付けられた。

 県教委は非常勤講師として採用し、4月中にも人材が不足している高校への配置を目指す。練習の指導や大会…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文721文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]