メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

強化費を不正申請 6カ月資格停止 競歩・鈴木選手

鈴木雄介選手

 陸上男子20キロ競歩世界記録保持者の鈴木雄介選手(30)=富士通=が、日本陸上競技連盟の強化費約30万円を不正に申請していたことが明らかになった。昨年10月1日から6カ月間の登録会員資格停止処分を受け、今年3月31日まで大会に出場できない。

 富士通によると、鈴木選手は2016年度に強化選手で最高のゴールド指定を受け、年間1000万円まで受け取ることができた。16年10月から17年3月に東京都内の治療院に150回通った交通費を申請するにあたり、実際は都内の親族宅から通っていたにもかかわらず、千葉市内の選手寮からとしていた。受けていない8回分の治療費も申請していた。

 強化費は実費を申請して支払われる形で、同連盟の申請内容確認作業中に不正が分かり、鈴木選手は申請全体を取り下げた。鈴木選手は富士通を通じて「今後は、競技者として、社会人としてあるべき姿をよく考え、行動していく所存です」とコメントした。

 鈴木選手は15年3月に男子20キロ競歩で世界記録を出したが、直後に恥骨炎を発症し、同年8月の世界選手権北京大会で途中棄権して以降、大会に出場せずリハビリを続けている。【小林悠太】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]