メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高村氏

「安保法制の違憲論争続く」改憲・自衛隊明記でも

都内で講演

 自民党の高村正彦副総裁は8日、東京都内で講演し、憲法9条1項と2項を維持しつつ自衛隊を明記する憲法改正が実現しても、安全保障法制に関する違憲論争は続くとの見解を示した。「自衛隊を書くと、集団的自衛権(行使)の限定容認が合憲になる、(戦力不保持を定めた)2項が空文化されると言う人がいるが、そういう書き方はしない。平和安全(安保)法制が合憲か、という『神学論争』は残る」と述べた。

 高村氏は「平和安全法制を我々は合憲だと思っているが、今までと同じ論拠で違憲だと言い続けることは可能…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです