メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高村氏

「安保法制の違憲論争続く」改憲・自衛隊明記でも

都内で講演

 自民党の高村正彦副総裁は8日、東京都内で講演し、憲法9条1項と2項を維持しつつ自衛隊を明記する憲法改正が実現しても、安全保障法制に関する違憲論争は続くとの見解を示した。「自衛隊を書くと、集団的自衛権(行使)の限定容認が合憲になる、(戦力不保持を定めた)2項が空文化されると言う人がいるが、そういう書き方はしない。平和安全(安保)法制が合憲か、という『神学論争』は残る」と述べた。

 高村氏は「平和安全法制を我々は合憲だと思っているが、今までと同じ論拠で違憲だと言い続けることは可能…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文654文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立てこもり 刃物?持った男が代々木の居酒屋で
  2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  3. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  4. アイス ピノがCMをやめた理由
  5. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]