メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

メルケル氏求心力低下 大連立巡り手法批判強まる

 【ベルリン中西啓介】メルケル独首相の国政会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党・社会民主党が政権協定で合意したことを巡り、主要閣僚ポストで社民党に大幅な譲歩をしたメルケル氏の姿勢に批判が強まっている。党首を務めるCDUからもメルケル氏を公然と批判する声が出ており、首相の求心力低下が表面化している。

 政権協定交渉で、メルケル氏は社民党が財務相と外相、労働社会相の主要3ポストを占めることで同意した。…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文699文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]