美容

“ズボラ女子”こそ、お風呂で保湿

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
花王の「ビオレu お風呂で使う うるおいミルク」=東京都中央区で、岡部恵里撮影
花王の「ビオレu お風呂で使う うるおいミルク」=東京都中央区で、岡部恵里撮影

 連日、寒さと乾燥に悩まされる毎日……。そんな中、最近注目を集めているのが、お風呂で保湿のためのスキンケアも行う「インバスケア」だ。「肌は乾燥したくない。けれど時間をかけて保湿するのは面倒くさい」という、時間を効率よく使いたい“ズボラ女子”こそ欠かせないアイテムだという。【岡部恵里】

時短でスキンケア

 資生堂は、お風呂でできる顔専用の泡状パック「専科 パーフェクトホイップマスク」を発売した。使い方は簡単。洗顔後、手のひらにポンプ2回分の泡を出し、顔全体に塗って、3分後に洗い流すだけだ。シート状のマスクと違って手軽にでき、値段も1000円前後と低価格帯のため、若い女性を中心に支持を得ている。同社によると、発売から2カ月で販売数20万個を突破したという。

 エフティ資生堂のパーソナルマーケティング部の山ノ井千草さんは、商品の特徴について「使用することで入浴後の急激な肌の乾燥を防ぎ、お風呂上がりに焦って化粧水や乳液を付けなくても、保湿することができる」と解説する。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1315文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集