奄美大島

重油漂着、アオウミガメ窒息死 環境省が調査へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
奄美大島の海岸で見つかったアオウミガメの死骸=鹿児島県奄美市で2018年2月6日午前10時1分撮影、環境省提供
奄美大島の海岸で見つかったアオウミガメの死骸=鹿児島県奄美市で2018年2月6日午前10時1分撮影、環境省提供

 鹿児島県・奄美大島沖の東シナ海でタンカーが沈没し、同島などの海岸に重油とみられる黒い油が漂着した問題で、環境省は8日、絶滅危惧種のアオウミガメ1頭が油をのみ込んで窒息死したと明らかにした。漂着した油による野生生物への被害が確認されたのは初めて。同省は来週から周辺海域の緊急調査に乗り出す。

 アオウミガメは環境省のレッドリストで絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)に分類される…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集