メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪大グループ

血管を生み出す幹細胞 マウスで発見

血友病や心筋梗塞の治療法につながる可能性

 大阪大の高倉伸幸教授(幹細胞医学)の研究グループが、血管の内側を覆う血管内皮細胞を生み出し、血管を新しく作ったり、維持したりする力を持つ幹細胞をマウスで見つけた。ヒトでも確認できれば、血管が詰まって血流が悪くなる心筋梗塞(こうそく)や、血管内皮細胞からの血液凝固因子の分泌不足で血が止まりにくくなる血友病の新しい治療法につながる可能性がある。研究成果は9日、米科学誌「セル・ステムセル」(電子版)に掲載される。

 幹細胞はある細胞を作り出すもととなる細胞。赤血球やリンパ球などのもとになる造血幹細胞などが知られているが、血管内皮細胞の幹細胞は見つかっていなかった。

 研究グループは、幹細胞が異物を細胞外へ排出する力が高いことに注目し、マウスの血管内皮細胞の中にわずかに存在する薬剤排出能力の高い細胞を詳しく調べた。すると、こうした細胞の一部では、他の血管内皮細胞にない分子が表面に発現していた。細胞分裂の際、自己複製をしながら分化先の細胞も生み出すという幹細胞の特徴も備えていることが分かった。

 グループが後ろ脚の血流が悪いマウスに別のマウスから取った血管内皮幹細胞を投与すると、新しい血管ができるなどして血流がよくなった。

 また、血友病のマウスに、別のマウスの血管内皮幹細胞を移植したところ、正常マウスと同水準まで症状が改善した。

 高倉教授は「ヒトでも存在する可能性は高い。早く臨床応用につなげられるように研究を続けたい」としている。【大久保昂】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  3. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  4. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  5. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]