メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
受験と私

タレントの段文凝さん「どんなに大変でも受験を思えば全然平気」

 「日中の懸け橋」になりたいと多方面で活躍するタレントの段文凝さん。中国の大学を卒業しましたが、中国は日本以上の「受験地獄」。段さんはどのような受験生だったのでしょうか。【聞き手・浜名晋一】

人生で一番太っていた

 中国の大学入試(全国普通高等学校招生入学考試)は6月に行われます。日本と違うのは、センター試験と2次試験のように分かれているのではなく、1回しか行われないことです。一発勝負なので、みんな結構、プレッシャーを感じています。試験科目は語文(国語)、数学、英語、物理、化学、生物、政治、歴史、地理です。私は理系志望でした。生物の科目が好きで、将来、動物の研究者になりたかったのですが、途中からアナウンサー志望に変わりました。

 自分にもプレッシャーはあったはずですが、毎日、やるべき勉強が多すぎて、プレッシャーを感じるひまもあ…

この記事は有料記事です。

残り2513文字(全文2878文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです