メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
津波避難訓練

アジアで普及 UNDPが推進 日本も協力

ソロモン諸島で初めて行われた避難訓練で、年少者を助ける少女=2017年10月18日、UNDP提供

 国連開発計画(UNDP)は日本政府や東北大学などと協力し、インドネシアやモルディブといった津波被害が予想される国々で子供を対象にした避難訓練を行っている。2017年6月に始まったプロジェクトで、今年11月末までに全90校での実施を目指し、これまで9カ国34校で約1万2000人が参加。訓練をきっかけに、地元自治体と民間ホテルが児童らの避難場所の提供で合意するなど、防災意識が高まっている。【武内彩】

 プロジェクトの対象は東南アジア、南アジア、南太平洋の18カ国。過去に津波や台風、地震などの自然災害…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文996文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです