メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石牟礼道子さん死去

水俣の魂つむぐ(その1) 豊かな海と患者に寄り添い

厚生省前で座り込み、水俣病患者の写真を掲げて企業責任を追及する石牟礼道子さん=東京都千代田区で1970年5月25日撮影

 巨星落つ。10日に90歳で亡くなった作家の石牟礼道子さんは、公害の原点といわれる水俣病(1956年公式確認)が初期に「奇病」とされ孤立した患者・家族らを支えつつ、問題を鋭く世に問うた。パーキンソン病を患った晩年も「書きたいことはたくさんある」と創作意欲が衰えることはなかった。水俣病の関係者などからは惜しむ声が相次いだ。【笠井光俊、野呂賢治、平川昌範】

 石牟礼さんらの支援を受け、69年に原因企業「チッソ」に賠償を求め提訴した水俣病第1次訴訟の原告で、認定患者の坂本フジエさん(92)=熊本県水俣市=は、当時をしのびつつ深く感謝する。「裁判を起こす前、石牟礼さんたちが患者の家を一生懸命回っていたのを思い出す。私たちの味方になってくれて、うれしかった。『苦海浄土(くがいじょうど)』が出て、いろいろな人が支援に入ってくれるようになった。石牟礼さんには患…

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです