メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石牟礼道子さん死去

水俣の魂つむぐ(その2止) 世界文学に昇華

石牟礼道子さんの主な著作

 石牟礼さんの訃報に、作家や芸術家からも惜しむ声が相次いだ。

 毎年、熊本市で開かれる「石牟礼大学」にかかわっている詩人の伊藤比呂美さんは、「石牟礼さんはピュアな人とよく言われるが、私は生きるどう猛さを感じていた。それは、人間の生き死にを見つめてきたからだと思う。人間は穏やかに生きているだけではないと分かっていた」と話す。そして、「苦海浄土」をはじめ、作品には食べものがよく登場すると指摘する。「『苦海浄土』があれだけ心を打つのも、考えられないほど美しい文章で、食べるものを通して、生き死にを見つめたからだと思う。本当に命と言葉を全身で見据えてきた人でした」

 作家の池澤夏樹さんは、個人編集する「世界文学全集」に「苦海浄土」3部作を日本人作家作品として唯一収…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです