メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つくば市

チョコを特産品に インドネシアでカカオ生産支援 菓子メーカーと協力、加工技術を指導へ /茨城

インドネシア・ボアレモ県産のカカオ豆を使ったチョコレートの試作品=つくば市研究学園1で

 つくば市は、市内の菓子メーカーと協力して、インドネシアの農家によるカカオ生産の支援に乗り出した。将来的には現地産のカカオを使ったチョコレートの新たな特産品をつくばから生み出すのが狙いだ。

 市は昨年12月、市内の菓子メーカー「東京フード」、国際協力機構(JICA)と共に、インドネシア・スラウェシ島北部にあるゴロンタロ州や現地企業と支援事業の合意書を締結。今年から2020年6月まで同州ボアレモ県の農家への技術支援を決めた。

 同社と連携する「月島食品工業」(東京都江戸川区)の創業者、故橋谷亮助氏が戦前、同州で農業指導をして…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文550文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]