メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水戸市文化財

土器群を指定 弥生、古墳両期の特徴 水戸台地出土 /茨城

くしで引っかいたような模様と「刷毛目」模様を併せ持っているのが特徴の「水戸台地出土弥生・古墳時代折衷土器群」=水戸市笠原町の市総合教育研究所で

 水戸市教育委員会は9日、市文化財に「水戸台地出土弥生・古墳時代折衷土器群」を指定した。市指定文化財はこれで計101件となる。

 同土器群は市内にある縄文~平安時代の2遺跡から出土したつぼ形土器計6点。

 口が広く胴が長い形状と、くしで引っかいたような模様という弥生土器の特徴と、外側を稲わらなどで覆って…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]