メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水戸市文化財

土器群を指定 弥生、古墳両期の特徴 水戸台地出土 /茨城

くしで引っかいたような模様と「刷毛目」模様を併せ持っているのが特徴の「水戸台地出土弥生・古墳時代折衷土器群」=水戸市笠原町の市総合教育研究所で

 水戸市教育委員会は9日、市文化財に「水戸台地出土弥生・古墳時代折衷土器群」を指定した。市指定文化財はこれで計101件となる。

 同土器群は市内にある縄文~平安時代の2遺跡から出土したつぼ形土器計6点。

 口が広く胴が長い形状と、くしで引っかいたような模様という弥生土器の特徴と、外側を稲わらなどで覆って…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 兵庫・西宮 80代夫妻が死亡 無理心中か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです