メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ/埼玉

久喜・NPOが障害ある若者に学び場 支援学校卒業後、進路の選択肢拡大 /埼玉

ノートパソコンを使った資料作成の指導を受ける「あかり学園」の生徒ら=久喜市で

 知的障害や発達障害のある人を支援するNPO法人「あかり」(本部・久喜市)は、特別支援学校高等部を卒業した若者らが学び続ける「あかり学園」を同市青毛(あおげ)に今月開設した。知的障害児は学校卒業後の学びの受け皿がほとんどないのが現状で、学習の継続によって進路の選択肢を広げることを目指している。川岸恵子・代表理事は「たくさんの社会経験を重ねて、自信を持って人生を送ってほしい」と意気込む。【木村健二】

 あかりは2006年に設立され、「障がいがある人もない人も共に暮らしやすい優しい社会を創ります」を基…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1002文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  5. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです