メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ/埼玉

久喜・NPOが障害ある若者に学び場 支援学校卒業後、進路の選択肢拡大 /埼玉

ノートパソコンを使った資料作成の指導を受ける「あかり学園」の生徒ら=久喜市で

 知的障害や発達障害のある人を支援するNPO法人「あかり」(本部・久喜市)は、特別支援学校高等部を卒業した若者らが学び続ける「あかり学園」を同市青毛(あおげ)に今月開設した。知的障害児は学校卒業後の学びの受け皿がほとんどないのが現状で、学習の継続によって進路の選択肢を広げることを目指している。川岸恵子・代表理事は「たくさんの社会経験を重ねて、自信を持って人生を送ってほしい」と意気込む。【木村健二】

 あかりは2006年に設立され、「障がいがある人もない人も共に暮らしやすい優しい社会を創ります」を基…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです