鳥インフルエンザ

野鳥の死骸から反応 琵琶湖岸付近 彦根 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県は9日、彦根市の琵琶湖岸近くの陸上で発見された野鳥のカルガモの死骸からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。県内では今季初めて。詳細な確定検査を実施中で、1週間前後で結果が出る見通し。

 死骸は成鳥で1日に市民が見つけた。県の簡易検査で陰性だったが、国の遺伝子検査で9日に陽性反応…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

ニュース特集