メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

野鳥の死骸から反応 琵琶湖岸付近 彦根 /滋賀

 県は9日、彦根市の琵琶湖岸近くの陸上で発見された野鳥のカルガモの死骸からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。県内では今季初めて。詳細な確定検査を実施中で、1週間前後で結果が出る見通し。

 死骸は成鳥で1日に市民が見つけた。県の簡易検査で陰性だったが、国の遺伝子検査で9日に陽性反応…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです