メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まなびやの宝

追手門学院大 川端康成館パネル英訳 簡単な単語で功績紹介 /大阪

翻訳した展示パネルの内容について発表する学生ら=大阪府茨木市の追手門学院大で、加藤佑輔撮影

 茨木市ゆかりのノーベル文学賞作家、川端康成の功績を紹介する「川端康成文学館」(茨木市上中条2)の展示パネルを、追手門学院大(同市西安威2)の学生が英訳した。英訳したパネルは、6月ごろに展示される。

 川端は1899年、大阪市生まれ。幼いころに父母を亡くした後、祖父母に引き取られ、旧制茨木中学(現・府立茨木高校)を卒業するまでを現在の茨木市で過ごした。「伊豆の踊子」「雪国」などの代表作で知られ、1968年にノーベル文学賞を受賞した。

 文学館は、85年に開館。遺品や原稿、写真のほか、生涯をたどる文章が書かれたパネルなど約400点の資…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです