メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

最多2260人 ベトナム人が急増 県内・昨年10月 /和歌山

 技能実習や専門分野の在留資格などで県内で働く外国人労働者の数が昨年10月末現在で2260人(前年比13・1%増)に上り、届け出が義務化された2007年以降で最多となったことが厚生労働省の調査で分かった。景気回復による日本人労働者の不足から、特に食品加工や繊維工業など製造業分野でのベトナム人技能実習生が急増したという。

 厚労省和歌山労働局によると、外国人労働者の増加は3年連続で、3年前から約900人増えた。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文456文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]