メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

最多2260人 ベトナム人が急増 県内・昨年10月 /和歌山

 技能実習や専門分野の在留資格などで県内で働く外国人労働者の数が昨年10月末現在で2260人(前年比13・1%増)に上り、届け出が義務化された2007年以降で最多となったことが厚生労働省の調査で分かった。景気回復による日本人労働者の不足から、特に食品加工や繊維工業など製造業分野でのベトナム人技能実習生が急増したという。

 厚労省和歌山労働局によると、外国人労働者の増加は3年連続で、3年前から約900人増えた。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです