メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通安全作文コンクール

「被害者、つらさ続く」 県知事賞に因北中1・郡山さん /広島

交通安全作文コンクール最高賞の賞状を受け取る郡山惺凪さん(左)=広島県尾道市の因島署で、松井勇人撮影

 県交通安全協会の交通安全作文コンクールで、尾道市立因北中1年の郡山惺凪(せな)さん(13)が最高賞の県知事賞を受賞し、因島署で表彰式があった。父英二さん(43)が交通事故に遭った時の衝撃や、現在も残る後遺症に触れた惺凪さんは「事故が起きないよう、もっと安全を考えて運転してほしい」と願いを込めた。【松井勇人】

 コンクールには県内の小中学校から2001点の応募があった。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです