メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通安全作文コンクール

「被害者、つらさ続く」 県知事賞に因北中1・郡山さん /広島

交通安全作文コンクール最高賞の賞状を受け取る郡山惺凪さん(左)=広島県尾道市の因島署で、松井勇人撮影

 県交通安全協会の交通安全作文コンクールで、尾道市立因北中1年の郡山惺凪(せな)さん(13)が最高賞の県知事賞を受賞し、因島署で表彰式があった。父英二さん(43)が交通事故に遭った時の衝撃や、現在も残る後遺症に触れた惺凪さんは「事故が起きないよう、もっと安全を考えて運転してほしい」と願いを込めた。【松井勇人】

 コンクールには県内の小中学校から2001点の応募があった。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです