「王羲之と日本の書」展

国内最高レベル集め 九博できょうから 西郷「敬天愛人」も /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 太宰府市の九州国立博物館の特別展「王羲之(おうぎし)と日本の書」が10日から4月8日まで開催される。書が専門の島谷弘幸館長は「国指定クラスが65点も見られる。これだけ古い書を集めた展覧会は九州初。書の楽しみを味わって、自分の好きな作品を見つけてほしい」と話している。

 書聖、王羲之の自筆は存在しないが、精巧な複製が残されており、「妹至帖(まいしじょう)」(九博蔵)など国内最高レベルの4件…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

ニュース特集