メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者有情

セクハラ対応 /福岡

 「抱きつかれた瞬間を思い出すんです。相手の頬がジャリッとして」。同僚の男性教諭からセクハラを受け、不眠やかゆみに悩まされたという女性が打ち明けた。教諭を見ることもはばかられ、会う可能性のある教員の研修会に参加できずにいる。

 女性の相談を受けた県教委の調査は勤務先の校長による教諭への聞き取りで、セク…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです