メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オスプレイ

部品落下 日本に報告せず 沖縄の海上

伊計島の西海岸に打ち上げられていた、オスプレイの右側エンジン空気取り入れ口の部品=沖縄県うるま市で9日午後(琉球新報提供)

 9日午前9時ごろ、沖縄県うるま市の伊計(いけい)島の大泊(おおどまり)ビーチで米軍垂直離着陸輸送機オスプレイの部品が海上に浮いているのが見つかった。部品は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)所属のオスプレイの右側エンジン空気取り入れ口のカバーで、在沖縄米海兵隊は毎日新聞の取材に対し、海上飛行中に落下したと8日に乗組員から報告を受けていたことを明らかにした。しかし、日本側には報告していなかった。

 防衛省沖縄防衛局によると、部品は縦約70センチ、横約1メートル、幅約65センチ。海兵隊は重さは約13キロでカーボン製としている。清掃活動をしていた男性が見つけた。在沖縄米海兵隊第3海兵遠征軍の報道担当者は、8日に飛行を終えた乗組員が普天間飛行場に戻り、海上を飛んでいた時にカバーが外れたと報告したとしている。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです