メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

西部邁さんの死=保阪正康

コラージュ・菅野庸平

「虚から実に目覚めよ」訴え

 西部邁さんが「自裁死」してから3週間が過ぎた。あらゆる事象を破砕して、そして忘却という器に移していく社会は、彼の自裁死もまたそのサイクルに組み込みつつある。

 しかし私はいまだにそのサイクルとは無縁である。なぜ西部さんは自らの命を絶ったのか。それを単に個人のレベルで考えるのではなく、歴史の文脈で捉えなければ、彼に申し訳ないとの思いがするからである。

 個人的な関わりになるが、中学1年生のときに2年生の西部さんと知り合った。私は、札幌郊外から中心部の…

この記事は有料記事です。

残り1646文字(全文1884文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  2. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  3. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  4. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  5. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]