メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」展

人間茂吉 一目見ん あすから東京・渋谷の松濤美術館で

「斎藤茂吉肖像画」鈴木信太郎(1952年、油彩・カンバス)=斎藤茂吉記念館蔵

 サロン展「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」が11日から、東京都渋谷区の松濤美術館で始まる。近代日本を代表する歌人、斎藤茂吉(1882~1953年)の足跡を立体的にたどる展覧会で、代表作と遺品を通じて茂吉が生きた明治~昭和20年代の時代性も映し出す。東京での本格的な茂吉展は36年ぶり。3月18日まで(前期、後期あり)。入場無料。【三岡昭博、野間口陽】

 「斎藤茂吉を論ずるのは手軽に出来る芸当ではない。(略)なぜと云(い)へば斎藤茂吉は僕の心の一角にいつか根を下してゐるからである」

この記事は有料記事です。

残り3401文字(全文3639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです