メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

現代劇でみせる古典 「木ノ下歌舞伎」主宰・木ノ下裕一(32)

付箋がいっぱいの古書を手にする木ノ下裕一さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、関雄輔撮影

 現代演劇の手法で古典の可能性を探る京都の団体「木ノ下歌舞伎」を主宰する。「黒塚」「三番叟(さんばそう)」「東海道四谷怪談-通し上演-」など、歌舞伎や文楽、能で知られる演目を、現代演劇の俳優やダンサーの身体を通して新鮮な切り口で見せ、観客に感動を与えてきた。

 「作品を作るだけでなく、古典を現代人にどう紹介していくかを考えたい」と言う。古典の知識は豊富だが、いまだ32歳。

 和歌山市出身。小学3年の時、地元の敬老会で聴いた上方落語に魅了され、小遣いをためて落語会に通い始めた。大人をまねて、コンビニで買った祝儀袋に小遣いを入れて受付に差し出し、「子供がご祝儀を出した!」と話題になったことも。5年になると親から贈られた桂米朝の落語全集の1冊を熟読した。「米朝師匠が復活させたり作り直しておられたりする部分があると知りました。ああ、だから今の人の心にすっと届くのだとわかった…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです