メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

作品と響き合う空間=住友文彦

鏡花園の景観。れんが、石、カキ殻など異なる素材を使った壁と亜熱帯の植物や野菜が植えられた庭が向かい合っている

 1枚の絵を見る行為がいかに複雑なものか。中国・広州にある「鏡花園(ミラードガーデン)」で行われていた王音(ワンイン)の展覧会(4月15日まで)を見たとき、それを深く実感した。1964年生まれの王音は中国近代絵画の歴史に精通した知的な作品で知られる。展示作品で描かれていたのは、農村や街角で見かける人々、あるいはテーブルに置かれた花のように日常のありふれた風景である。表情や服装の細部は描き込まれず、固有名を持たない無名の人々を温かい淡い色彩で描いている。

 特徴的なのは、こうした作品がいくつかの部屋に分かれ、大きく間隔をとって並べられていることだ。ひとつ…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1031文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです