メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/188 第5章 34=高村薫 多田和博・挿画監修

 あ--。ほんの一瞬、声未満の声が上田亜沙子の喉から漏れたかもしれない。しかし、数メートルの距離があった小野にはどのみち聞き取れなかった。いつもなら「雄太君」と呼びかけてくる人だが、そのときはその手間を惜しんだのか、あるいは何かしらバツが悪かったのか、困ったような苦笑いだけを残してすぐにビニール傘を開き、サンダル履きの足で駆けだしてゆく。

 その後ろ姿を見送りながら、小野は亜沙子のぶら下げていたレジ袋の中身が缶ビールとカップ酒だったことを…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文958文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]