メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

開会式 8度目の五輪、旗手・葛西紀明 誓う、家族と歓喜 貧困支えた、天国の母よ妹よ

開会式で入場行進する日本選手団の旗手・葛西=平昌五輪スタジアムで9日、宮間俊樹撮影

 【平昌・江連能弘、神足俊輔】9日開幕した平昌冬季五輪の開会式で、五輪史上最多となる8回目の出場を果たしたノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45)=土屋ホーム=が旗手を務め、日本選手団を先導した。笑顔でスタンドに手を振りながら日本国旗を高々と掲げた「レジェンド」は、初めて五輪会場を訪れる家族の前で、空を舞う。

 葛西が長く競技を続けられている原点は、北海道下川町で過ごした少年時代にある。「米も買えなかった」というほど貧しく、好物は母親の幸子さんが芋をすりつぶして作ってくれる「芋もち」だった。

この記事は有料記事です。

残り1417文字(全文1669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです