メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株

乱高下繰り返す 買い戻し優勢で終値330ドル高

取引終了後、こぶしとこぶしを合わせるトレーダーたち=ニューヨーク証券取引所で2018年2月9日、ロイター共同

 9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日ぶりに大幅反発し、前日比330.44ドル高の2万4190.90ドルで取引を終えた。前日に1032ドル下落した反動で買い戻しが優勢となった。

     この日も乱高下を繰り返し、1日の値幅が1021ドルに達する「ジェットコースター相場」(米アナリスト)となった。市場混乱が収束する兆しはなく、週明けも不安定な値動きが続きそうだ。

     米雇用統計発表をきっかけに665ドル値下がりした今月2日の終値から1週間でさらに5.2%下落し、1週間の下落率としては2016年1月以来の大きさを記録した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
    2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    3. 熊本・乳児殺害 覚醒剤を飲ませて 懲役16年確定へ 上告棄却
    4. 五輪フィギュア 坂本73.18点 女子SP
    5. 旧優生保護法 強制不妊手術9歳にも 宮城、未成年半数超

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]