メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

発電機盗んだ漂着船乗組員8人強制送還 札幌入管

 北海道松前町の松前小島で昨年12月、発電機を盗んだとして、北朝鮮の木造船の乗組員が窃盗容疑で逮捕された事件で、札幌入国管理局は9日、起訴猶予となった乗組員8人を強制送還した。同日午後、新千歳空港から航空機で出発し、中国経由で北朝鮮に帰国するとみられる。

     乗組員10人のうち、船長のカン・ミョンハク被告(45)は窃盗罪で起訴され、函館地裁で公判が開かれる。残る1人は結核感染が確認され、札幌市内の病院に入院中で、治療後、送還される見通し。

     船は昨年11月、松前小島に漂着しているのが発見された。道警はカン被告ら乗組員3人を逮捕、6人を書類送検したが、函館地検はカン被告以外は従属的だったとして起訴猶予とした。【澤俊太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 地震 防災無線 未明に大音量「セカオワ」震度4の宇和島
    2. 五輪フィギュア 宇野 真央さん導いた道、メダル目指して
    3. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
    4. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
    5. 五輪スケート 「獣のような」に疑問の声 インタビュー

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]