メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大麻ワックス

所持容疑で男逮捕 近畿麻薬取締部

 乾燥大麻や成分を濃縮した「大麻ワックス」を隠し持っていたとして、近畿厚生局麻薬取締部は9日、大阪市浪速区桜川3、無職、品川岳志容疑者(34)を大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで現行犯逮捕し、追送検したと発表した。自宅から成分抽出に使うヒーターなどを押収。大麻ワックスは製造が簡単で少量でも効果が強いことから取締部が警戒を強めている。

     容疑は昨年12月、大阪府交野市の借家で乾燥大麻約145グラムを所持。自宅の冷蔵庫などで、小分けした大麻ワックス約6.4グラムを保管したとしている。いずれも営利目的だったとされ、否認や黙秘しているという。

     取締部によると、大麻ワックスの押収量は一昨年ごろから全国で増加。幻覚成分は自生大麻に比べて数十倍の濃度で、抽出するための容器やフィルターのセットはインターネットで販売され、電子たばこなどでも吸引されているとみられる。【道下寛子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え
    2. 平昌五輪 和やかなフィナーレ 閉会式、選手77人参加
    3. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
    4. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%
    5. 情熱大陸 本場インドでヨガの奥義を究めんとする日本人インストラクター・更科有哉に密着

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]