メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相馬農飯舘校

避難の福島県立高演劇部 東京で最後の舞台

最後の公演に向け、稽古に励む演劇部員の生徒たち=福島市永井川中西田の県立相馬農業高校飯舘校で2018年2月4日、尾崎修二撮影

20年3月に閉鎖 創部4年目で全国大会優良賞

 東京電力福島第1原発事故後、福島県飯舘村を離れ、避難先の福島市の仮校舎で授業を続ける県立相馬農業高校飯舘校の演劇部が11、12両日、初の東京公演に臨む。生徒減で2年後の閉鎖が決まり、春に5人全員が卒業する演劇部にとって最後の舞台だ。中学時代は学校になじめずにいた演劇部の生徒たちは、小さなプレハブ校舎で勇気をもらった。「この学校のことを忘れないで」。感謝の思いを劇に込める。【尾崎修二】

 「むき出しの黒い鉄の柱、アルミサッシのドア」「それが僕たちの高校」--。東京公演を控えた今月4日の…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1040文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです