メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニのスタジオで爆発 けが人多数か
スマホ

存在感増す中国、オッポ日本参入 世界で2強追撃

 【北京・赤間清広】世界のスマートフォン市場で、中国メーカーが存在感を高めている。地盤の中国市場で米アップル、韓国サムスン電子の「2強」を圧倒。日本市場にも相次ぎ参入するなど海外でも攻勢を強めている。

 日本の家電量販店で9日、中国発のスマホの新モデルの販売が始まった。製造元は中国スマホ大手「OPPO(オッポ)」。日本ではなじみが薄いブランドだが、中国ではスマホ出荷数2位、世界でも同4位につける急成長メーカーだ。

 かつては低価格が武器だった中国製スマホだが、最近は性能でもアップルなど2強に肉薄。オッポが今回、日…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1216文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです