日銀

黒田総裁、再任へ 政府が手腕評価

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日銀の黒田東彦総裁=手塚耕一郎撮影
日銀の黒田東彦総裁=手塚耕一郎撮影

 政府は9日、4月8日に任期満了を迎える黒田東彦日銀総裁(73)を再任する方針を固めた。「異次元緩和」と呼ばれる大規模金融緩和で「デフレ脱却の道筋を作った」と政府は手腕を高く評価しており、現行路線の継続が望ましいと判断した。日銀総裁を2期連続で務めるのは、山際正道氏(在任1956~64年)以来で、戦後3人目となる。

 3月19日で任期が満了する中曽宏、岩田規久男両副総裁の後任は、雨宮正佳・日銀理事(62)や、財務省出身で安倍晋三首相の経済ブレーンである本田悦朗スイス大使(63)らを候補に調整している。正副総裁人事案は今月半ばにも国会に提示する。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文563文字)

あわせて読みたい

注目の特集