メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

黒田総裁、再任へ 政府が手腕評価

日銀の黒田東彦総裁=手塚耕一郎撮影

 政府は9日、4月8日に任期満了を迎える黒田東彦日銀総裁(73)を再任する方針を固めた。「異次元緩和」と呼ばれる大規模金融緩和で「デフレ脱却の道筋を作った」と政府は手腕を高く評価しており、現行路線の継続が望ましいと判断した。日銀総裁を2期連続で務めるのは、山際正道氏(在任1956~64年)以来で、戦後3人目となる。

 3月19日で任期が満了する中曽宏、岩田規久男両副総裁の後任は、雨宮正佳・日銀理事(62)や、財務省…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  3. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  4. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです