メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日弁連

次期会長に菊地裕太郎氏 法曹三者トップ道産子に

 日本弁護士連合会の次期会長選が9日投開票され、北海道伊達市出身の菊地裕太郎氏(66)=東京弁護士会所属=の当選が内定した。現在、裁判所と検察庁のトップも北海道出身のため、戦後初めて法曹三者のトップ全員が「道産子」となる。

 菊地氏は1951年、伊達町(現伊達市)生まれ。函館ラ・サール高、東大法学部を経て81年に東京で弁護士登録した。日弁連ではこれまで常務理事や副会長を歴任。主に法曹人口問題に取り組み、北海道で特に深刻な司法過疎の問題も担当し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AAA浦田容疑者逮捕 所属事務所が公式HPで謝罪
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 体育館トイレ個室の壁が倒壊 女性下敷きで重傷 香川
  4. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです