訃報

作家の石牟礼道子さん死去 90歳 「苦海浄土」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
石牟礼道子さん=2016年5月3日、米本浩二撮影
石牟礼道子さん=2016年5月3日、米本浩二撮影

 人間の極限的惨苦を描破した「苦海浄土(くがいじょうど)」で水俣病を告発し、豊穣(ほうじょう)な前近代に取って代わった近代社会の矛盾を問い、自然と共生する人間のあり方を小説や詩歌の主題にすえた作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市の介護施設で死去した。90歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長男道生(みちお)さん。

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1156文字)

あわせて読みたい

注目の特集