レジ袋

削減へ有料化 北摂10市町と9事業者協定 6月1日から実施 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪・北摂地区7市3町の各店舗で掲示予定のポスター=芝村侑美撮影
大阪・北摂地区7市3町の各店舗で掲示予定のポスター=芝村侑美撮影

 北摂地区の7市3町は、ごみと温室効果ガス(二酸化炭素など)を抑制しようと、地区内にスーパーの店舗がある9事業者とレジ袋を有料化する協定を締結する。締結式が18日に吹田市内であり、6月1日から有料化される。10自治体が連携して取り組むのは全国でも最多規模。府内では初めて実施される。【芝村侑美】

 対象は豊中、池田、吹田、高槻、茨木、箕面、摂津の7市と島本、豊能、能勢の3町で、居住人口は計約180万人。北摂地区では、2012年度からレジ袋削減とマイバッグの持参を促すため、意見交換会を開いていた。レ…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

あわせて読みたい

注目の特集