連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

地域鮮魚ブランドの狙いは? /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「和海もん」を店頭でPRする漁師。海をイメージした青いシールが目印。手にしているのは高級魚クエに似たアコウ=和歌山県岩出市の産直市場よってって岩出店で、石川裕士撮影
「和海もん」を店頭でPRする漁師。海をイメージした青いシールが目印。手にしているのは高級魚クエに似たアコウ=和歌山県岩出市の産直市場よってって岩出店で、石川裕士撮影

産直市場持ち込み、割安販売 PR強化と漁師の所得増に期待

 なるほドリ 和歌山市と海南市に水揚げされた魚介類の地域共通ブランドができたと聞いたよ。

 記者 両市の全6漁協でつくる「和海地区広域水産業再生委員会」が発足させた「和海(わかい)もん」ブランドですね。その日の朝にとれた魚を漁師が産直市場に直接持ち込み、「和海もん」として割安で販売します。これまでも持ち込みによる販売はありましたが、ブランドをつくることで消費者へのPRを強化する狙いです。漁獲量が少なく市場に出荷できない「珍魚」や、食用には問題ないわずかな傷が付いた魚も販売できるので、漁師の所得アップにつながります。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文888文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集