メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

山岳救助費有料に? 埼玉県が初の条例 危険伴う山、レジャー対象=回答・鈴木拓也

埼玉県の防災ヘリコプター=同県提供

 なるほドリ 山登りの最中にけがをして救助されても、費用は無料なんだよね。

 記者 必ずしも無料とは限らなくなりました。埼玉県が1月から県内での山岳遭難(さんがくそうなん)者の救助を全国で初めて有料化しました。条例を改正し、県の防災ヘリコプターを使ったら、燃料費相当分として運航5分あたり5000円を請求すると定めました。1月中旬、小鹿野町(おがのまち)の二子山(ふたごやま)の登山道で足を滑らせて滑落した県内の男性が5万5000円を請求されました。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです