連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

山岳救助費有料に? 埼玉県が初の条例 危険伴う山、レジャー対象=回答・鈴木拓也

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
埼玉県の防災ヘリコプター=同県提供
埼玉県の防災ヘリコプター=同県提供

 なるほドリ 山登りの最中にけがをして救助されても、費用は無料なんだよね。

 記者 必ずしも無料とは限らなくなりました。埼玉県が1月から県内での山岳遭難(さんがくそうなん)者の救助を全国で初めて有料化しました。条例を改正し、県の防災ヘリコプターを使ったら、燃料費相当分として運航5分あたり5000円を請求すると定めました。1月中旬、小鹿野町(おがのまち)の二子山(ふたごやま)の登山道で足を滑らせて滑落した県内の男性が5万5000円を請求されました。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文866文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集