メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

山岳救助費有料に? 埼玉県が初の条例 危険伴う山、レジャー対象=回答・鈴木拓也

埼玉県の防災ヘリコプター=同県提供

 なるほドリ 山登りの最中にけがをして救助されても、費用は無料なんだよね。

 記者 必ずしも無料とは限らなくなりました。埼玉県が1月から県内での山岳遭難(さんがくそうなん)者の救助を全国で初めて有料化しました。条例を改正し、県の防災ヘリコプターを使ったら、燃料費相当分として運航5分あたり5000円を請求すると定めました。1月中旬、小鹿野町(おがのまち)の二子山(ふたごやま)の登山道で足を滑らせて滑落した県内の男性が5万5000円を請求されました。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. ダブルベッド 武田航平×山本ソニアの「同棲生活」6日目 本音トークを経て、最後の夜は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです